Menu
Close 

      2019/01/17

プロミス自営業者でも借りれる?事業資金に使ってもOK?

 

大手消費者金融のプロミスは自営業者でも借りることができるのでしょうか?

この記事では、自営業者の方がプロミスを利用できるのか、その詳細についてご紹介していきます!

プロミス自営業者は借りにくい?

自営業者が事業資金にお困りのときは、金融機関からの借入を希望するでしょう。ただ銀行などの金融機関を利用する場合は申し込みから審査までにかなりの時間がかかるため、今すぐ必要な資金を用意することが難しいというデメリットがあります。その点消費者金融業なら申し込みから審査、融資までが非常にスピーディーですから、急きょ資金が必要になったときも困ることはありません。

自営業を営む方が消費者金融業者から借入したいと思ったら、プロミスを選ぶといいでしょう。プロミスはテレビコマーシャルなどでも知られる大手の業者で、フリーキャッシングやレディースキャッシング、目的ローンといった一般的な商品だけでなく、自営者カードローンという商品も用意しているので安心です。こちらの商品は自営者専用のカードローンになっているので、借りにくいということはありません。

自営者カードローンのポイントは大きく分けて3点あります。

1点目のポイントはスピード審査を実施していることで、希望があれば当日中の利用も可能になっています。当日融資は申し込み時間によっては利用できない場合もあるので、事前に確認することをおすすめします。

2点目のポイントはプライベートな資金にも使えることです。プロミスの自営者カードローンは事業資金に限らずプライベートな資金にも利用できますから、臨機応変に使いこなしましょう。

3点目は利用限度額の範囲内で自由に出し入れができることです。

プロミス自営業者がキャッシングするのに必要なもの

プロミスの自営者カードローンを申し込む際は、いくつかの書類を準備しておく必要があります。まずは本人確認が必要になるため運転免許証かパスポート、健康保険証を提示します。運転免許証であれば顔写真や現住所などが記載されているので一つで構いませんが、健康保険証を提示する場合は住民票などの書類も用意しなければなりません。

また健康保険証と住民票が必要になるのは来店で契約手続きを行う場合に限ります。

本人確認書類の次は収入証明書類を準備しましょう。自営業を営む方であれば青色申告決算書または収支内訳書が用意できるはずです。確定申告書は証明年度が前年分のものとなりますが、提出する日が1月1日から3月31日の間になるときは証明年度が前々年分のものも受け付けています。

マイナンバーが記載されている本人確認書類や収入証明書類に関しては、マイナンバーが見えないように加工してから提出する必要があります。

自営業者の場合は事業実態を疎明する書類も提出しなければなりません。例えば有効期限内の営業許可証や受注書、発注書、納品書といった書類でも構いませんし、発行日が直近1年以内の報酬明細に関する書類も該当します。

自営者カードローンの申し込みに関して分からない点があれば、プロミスコールに直接電話をして問い合わせることも可能です。申し込みはプロミスコールだけでなく、自動契約機やお客様サービスプラザ、郵送でも受け付けているので気軽に利用できるでしょう。

プロミスの自営業ローンを活用しよう!

自営業者の方が事業資金に困ったときや個人的な借入を希望するときは、プロミスの自営者カードローンを利用すると便利です。こちらの商品は最大300万円まで融資が可能になっているので、自営業者の強い味方と言えるでしょう。

実際の契約額は、利用者が指定した極度額の範囲内でプロミスの方が決定します。金利適用方式は単一金利となり、返済方法は残高スライド元利定額返済方式となっています。プロミスの自営者カードローンはいくつかある返済期日の中から都合に合わせて選べるというメリットがあります。

月初めの5日や中旬の15日、下旬の25日、末日と全部で4つのパターンが用意されているため、入金や出金の状況に合わせて選ぶことができます。事業の計画に合わせながら上手に活用するといいでしょう。

自営者カードローンは年齢が20歳以上65歳以下で、自営業者の方が申し込みの対象となります。借入したお金の使途は事業費だけでなく生計費も含まれるので有効活用できるでしょう。借入に際して保証人や担保を用意する必要がないことも自営者カードローンの魅力の一つです。

申し込み条件を確認したら、自分に合った申し込み方法を選びましょう。直接店頭で申し込みたい方は、ホームページを開いてお近くのお客様サービスプラザを探してみましょう。

事業が忙しくて店頭まで行けないという方は、電話や郵送での申し込みを選ぶこともできます。書類を提出すると審査が行われますが、審査結果については希望の連絡先に知らせてくれます。

プロミス自営業者まとめ

自営業を営む方が事業資金や生計費に困ったときは、プロミスの自営者カードローンを利用するといいでしょう。プロミスではスピード審査を実施しているので急ぎのときも安心です。希望があれば当日中の融資も受けられます。

申し込みを行う前に条件や必要書類を確認しましょう。年齢20歳以上65歳以下の自営業者で、本人確認ができる運転免許証やパスポートなどの書類が必要になります。自営者カードローンの場合は収入証明書類も必要ですから、青色申告決算書か収支内訳書、確定申告書といった書類も揃えておきましょう。

確定申告書は申し込み手続きを行う日によって証明年度が異なるため、必要書類に関して分からないことがあればホームページをチェックするか電話で問い合わせておくと安心です。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© カードローンキング , 2017 All Rights Reserved.