2018/02/18

プロミス審査通過のコツは?基準厳しい?落ちた人の口コミは嘘?

 

プロミスの審査を通過するためのコツを知っておくべきでしょう。審査に通過するコツを知っている人と知らない人では、間違いなく前者の方が審査に通過しやすくなります。また、コツを知っておくことで、絶対に落ちる審査を受ける必要もありません。審査に通過するか否か知ることもできますので、審査前に目を通しておくことをオススメします

プロミスの審査を通過するために絶対に知るべきコツ!

プロミスの審査を通過するためのコツというよりか、この項目では審査を受けて大丈夫か否か解説していきます。プロミスの審査を受けるためには、「年齢20歳以上69歳以下であり、一定の安定した収入を得ている方、そして他社借入総額が年収の1/3以上に達していない方」になります。これらの条件は審査を受ける絶対条件になり、ひとつでも条件を満たしていない方は審査を受けても通過することはありません。時間の無駄にもなりますので、満たしていない方はプロミスでキャッシングすることはあきらめましょう。

プロミスの審査を通過するためのコツに雇用形態あり!

プロミスの審査を通過するためのコツは、雇用形態にあります。プロミスは審査を受ける方に必須の雇用形態は設けていませんが、やはり審査に通過しやすい雇用形態はあります。
通過しやすい雇用形態の順に並べれば、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトになります。やはり正社員が一番審査に通過しやすくなっています。とはいえパートやアルバイトの方でも審査に通過している方も多数いらっしゃいますし、あくまで通過しやすいくらいの軽い感覚で審査を受けてみてはいかがでしょう。

プロミスの審査を通過するためのコツに勤務先の規模にあり!

プロミスの審査を通過するためのコツは、勤務先の規模にあります。勤務先の規模とは従業員の数を中心に調べられます。勤務先の規模を順番に並べれば、公務員・大手企業・中小企業・自営業になります。例外として、無職の方は収入を得ていませんので、審査に通過する可能性は絶対にありません。この勤務先の規模に関しても、あくまで審査に通過しやすいくらいの感覚で構わないでしょう。公務員や大手企業の方しか審査に通過しないわけではなく、プロミス側の採点項目として有利に働くということになります。

プロミスの審査を通過するためのコツまとめ!

以上に説明してきた通り、プロミスの審査に通過するためのコツをまとめていきます。プロミスは年齢や総量規制といった制限があります。この制限に抵触している方は、審査を受けても落ちますので、時間の無駄になってしまいます。そして、雇用形態や勤務先の規模により審査を通過しやすくなります。当然、プロミスは他の採点項目もすべてを総合したうえで通過するか否か決めていますので、深く考えすぎないようにしましょう。雇用形態や勤務先が有利であれば、ラッキー程度に思っておくべきかもしれません。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© カードローンキング , 2018 All Rights Reserved.