アコムの返済の仕方は?ATMでもOK?遅れたらどうなる?

 

「今月は急に友人の結婚式が入ってお金が足りない…」なんてこと、よくありますよね。

そんな時にオススメしたいのがアコムなどの「消費者金融カードローン」です。

最短30分で審査が完了し、その日のうちにお金を借りることができるなど、「今すぐお金が必要」な方にはピッタリのカードローンとなっています。

ただ、「消費者金融」と聞くとどうしても「月々の返済はいくらぐらい?」「ちょっとでも遅れたら取り立てがくるんじゃない?」など、返済に関する不安を抱きがちです。

この記事では、そんな消費者金融カードローン「アコム」の返済に関する不安を解決していきます。

この記事を読んで安心してアコムを利用してくださいね!

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
※一部提携のATMなどでは10000円~
月々の返済 3,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話
  • 申し込みから融資までWEB完結
  • 初めての方なら最大30日間金利0
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでもOK

アコムの3つの返済方法とは?

アコムには、大きく分けて

  • インターネット返済
  • 振込での返済
  • 口座振替(自動引き落し)での返済

の3種類の返済方法があります。

それぞれの返済方法について詳しく見ていきましょう。

インターネット返済

「忙しすぎてATMに行く時間がない!」なんて方でも、インターネット返済を利用すれば自宅や外出先で返済ができちゃいます。

インターネット返済であれば、インターネットからの手続きのみで利用者の金融機関口座からアコムに返済ができます。

インターネット返済のメリットとしては

  • 振込手数料0円
  • 24時間いつでもすぐに返済OK
  • 土日祝日の返済OK

があります。

インターネット返済の手順としては、まずアコムの会員メニューで

  1. 会員ログイン
  2. インターネットでの返済を選択
  3. 返済口座と返済金額を選択

の3STEPを踏みます。

その後、利用者の金融機関のインターネットバンキングで

  1. 金融機関の選択後にログイン
  2. 決済口座の選択
  3. 支払い実行で手続き完了

の3STEPを踏むだけです。

事前にアコムのインターネット返済が利用できる金融機関で「インターネットバンキング」を契約していれば、誰でも利用できる返済方法です。

振込での返済

金融機関の窓口やATM、インターネットバンキングを利用して、振込による返済を行うことも出来ます。

ただし、別途で手数料が発生します。

振込用の口座番号については、会員メニューの「返済時の振込入金口座照会」から確認できます。

もしアコムの休業日(土・日・祝日・年末年始など)に振込んだ場合、翌営業日に取引が更新されますが、利息などはアコムへ着金のあった日の返済として処理されます。

口座振替(自動引き落し)での返済

返済方法として口座振替(自動引き落とし)を登録すると、指定した金融機関から毎月6日に引き落としがされます。

6日が金融機関の休業日(土・日・年末年始)に当たる場合には、翌営業日の引き落としとなります。

アコムの返済日はいつ?

アコムでは、契約内容によって異なる返済期日が設けられています。

また、契約内容によっては返済期日を選択することも可能です。

返済日①:35日ごとの場合

この返済期日を選択すると、返済日は前回の返済日の翌日から数えて35日目になります。

次回の返済期日は、返済した翌日から数えてまた35日後となります。

ちなみに、最初の借入れの場合のみ、借入日の翌日から35日後が返済期日となります。

また、取引の途中で追加借入を行ったとしても、返済期日は延長されません。

返済日②:毎月指定期日の場合

この返済期日の場合、返済日は利用者が希望した毎月の指定日となります。

指定した返済日の15日前から返済が可能となっています。

ただ、15日以上前に入金すると前月の追加返済扱いとなってしまいますので注意してください。

ちなみに、毎月の指定日がアコムの休業日(土・日・祝日・年末年始)に当たる場合には、翌営業日が返済期日となります。

アコムの返済額はいくら?

アコムは、返済方式として「定額リボルビング方式」を採用しています。

定額リボルビング方式は、最後に借入れした時の借入残高に一定の割合を掛けた金額を最小返済金額と定め、その額以上の返済をしていくことになります。

一定の割合とは

契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超~100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の1.5%以上~3.0%以上

となります。

例えば、契約極度額が20万円での契約で10万円の借入(実質年率18.0%)をした場合、

10万円×4.2%=4,200円

となり、各回の返済金額は5,000円以上(千円未満は切り上げ)となります。

アコムで一括返済をするには?

アコムでの返済の場合、毎月の残高に応じた最低返済額さえ支払っておけば何の問題もありません。

しかし、返済が長期化すれば、その分利息の負担も大きくなり、実質的な返済額も増えていきます。

月々の収入に余裕がある場合には、設定された最低返済金額以上の追加入金を行って元金を減らしていきましょう。

また、まとまったお金が用意出来た際には「一括返済」も考えましょう。

一括返済は、アコムのATM、提携先のATM、店頭窓口や銀行口座へのお振込み、またはインターネット返済で可能です。

ただし、ATMから返済をする場合には1,000円単位での返済しかできませんので、残った端数は「無利息残高」となります。

無利息残高とは、利息や手数料が付かず、支払期限も設定されない残高として取り扱う金額になります。

この無利息残高を清算する際には、店頭窓口や銀行振込、インターネット返済などの「ATM以外での」返済方法となります。

ちなみに、現在の残高は

  • インターネット上のマイページ
  • フリーコールに電話
  • アコムATM・提携ATMへの来店
  • 自動契約機(むじんくん)への来店
  • 店頭窓口への来店

で確認できます。

アコムでお得に返済するコツ

アコムなどの消費者金融カードローンでお金を借りた場合、常に利息が増え続けている状態となります。

返済が長引くほどこの利息の負担は重くなりますので、利息をうまく減らして返済総額を抑えることが賢くアコムを利用するポイントです。

では、どのようにすれば返済の際の利息を抑えられるのでしょうか?

30日間無利息キャンペーンを利用

アコムは、アコムにを初めて契約した利用者を対象「30日間金利0円サービス」を展開しています。

契約日の翌日から30日間が適用期間となり、その期間内は金利が0円になります。

このサービスをうまく利用すれば、利息を抑えてお金を借りることができます。

ただし、無利息期間は「契約日の翌日」から適用期間となり、「借入日の翌日」ではない点に注意が必要です。

手数料無料で返済を行う

先ほどの無利息期間を超えてしまうと、通常通りに利息が発生します。

無利息期間以降にアコムでお得に返済するには、「手数料のかからない返済方法」を用いることです。

インターネット返済以外の方法で返済を行うと、利用している金融機関によっては返済のたびに手数料がかかってしまいます。

返済回数が増えるほどに手数料の負担も大きくなるので、なるべくなら手数料の掛からない返済方法をオススメします。

インターネット返済以外にも、口座振替(自動引き落とし)を設定した場合でも手数料はかかりません。

アコムで返済に遅れた場合

あってはなりませんが、万が一返済日に遅れてしまった場合、アコムからどういった処置が下されるのでしょうか?

実際に返済が遅れた場合に起こることをまとめますが、基本的にはアコムの返済に遅れることはあってはなりません。

督促の連絡

まず、アコムの返済に遅れてしまった場合、確認の電話がかかってきます。

最初は利用者本人の携帯電話などに電話がかかってきます。

利用者本人の携帯電話に連絡がつかない場合、勤務先や緊急連絡先などに連絡がいってしまいます。

借金が周囲の人にバレるだけでなく不要な心配をかけてしまいますので、督促の電話が来た場合には真摯に対応し、出られなかった場合でもすぐに折り返すようにしましょう。

遅延損害金が発生

アコムの返済期日に遅れてしまった場合、遅延損害金と呼ばれる罰金が発生します。

遅延損害金の年率は20.00%となっており、貸付利率の上限が18.0%であることを考えるとかなり高めに設定されています。

例えば、借入残高が10万円で返済期日から5日経過してしまった場合、

10万円×0.200÷365日×5日=273円

の遅延損害金が発生します。

遅延損害金は返済が遅延した月の返済額に発生するのではなく、借入残高全体について20%の金額が日割りで発生します。

日数が経過するにつれて遅延損害金はどんどん大きくなりますので、遅れてしまった場合は出来る限り早く返済を再開するようにしましょう。

アコムの返済遅延への事前対処法

「今月は急な出費が多くて返済できないかも…」ということになってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

絶対にやってはいけないのは「そのまま何もせずに返済期日を超過する」ことです。

返済に遅れそうな場合には、必ず自らアクションを起こすようにしましょう。

コールセンターへの相談

アコムの場合、多少の返済期日の延期は認められる場合があります。

明確な理由を正直に伝え、「お金が入ればすぐに入金する」意思がある事をしっかりと伝えましょう。

アコムの判断次第にはなりますが、次の給料日まで返済を延期してもらえる可能性も非常に高いです。

また、返済期日の延期が認められれば、次の返済期日までアコムが督促を行うことはありません。

電話や郵送物におびえることもなく、周囲の人に心配をかけることもありません。

ただし、遅延損害金はキッチリ発生してしまうので注意しましょう。

返済額の減額相談

先ほども見た通り、アコムでは月々の返済において最低返済額が設定されています。

ただ、その最低返済額に満たない額しか返済できない場合でも、アコムに相談することで月々の返済額を減額できます。

こちらもアコムの判断次第ですが、少なくとも利息分さえ支払えれば、次回の返済日まで返済を猶予してくれる場合や借入残高に合算して分割での返済としてくれる場合もあります。

あくまで一時的な減額ですが、返済が滞って督促がきたり、追加融資が受けられなくなるよりはマシでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アコムの返済方法は多種多様となっており、返済期日も自身で決めることができます。

無利息期間サービスをしっかり利用すれば、返済総額もかなり抑えることが可能です。

また、返済が遅れそうな場合でもしっかりとアコムに連絡すれば、返済期日の猶予や返済額の減額に応じてくれます。

少し返済が遅れたからといって、いきなり「金返せ!」なんて怖い取り立てがくる心配はありません。

安心してアコムでの借り入れを行ってみてはいかがでしょうか?

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
※一部提携のATMなどでは10000円~
月々の返済 3,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話
  • 申し込みから融資までWEB完結
  • 初めての方なら最大30日間金利0
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでもOK
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© カードローンキング , 2019 All Rights Reserved.