Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

      2019/07/26

アイフル返済日はいつ?【今月の返済は何日前からできる?】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1000円~800万円
審査時間 最短30分※一部提携のATMなどでは10000円~
月々の返済 4,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話
  • 申し込みから審査融資までWEB完結可能
  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 収入があればパート・アルバイトOK

アイフルでお金を借りる前に事前に返済について考えておく必要があります。

この記事では、返済方法や返済シュミレーションについてご紹介していきます。

アイフルの返済日は選べる?

アイフルの返済日は自分で選ぶことが可能です。

返済方法として約定日制とサイクル制があり、約定日制を選ぶと返済日は選べます。

アイフルの返済方法は約定日制とサイクル性

アイフルの返済方法は、

  • 約定日制
  • サイクル性

の2種類から選択できます。

約定日制

約定日制の場合、毎月一定の約定日を決めてその日に返済を行う方法です。アイフルの場合、この約定日を利用者側で決めることができます。

例えば、給料日やその翌日などお金のめどがつき易い日を約定日に決めておけば負担なく返済することができます。また、月の5日や10日などキリのいい覚えやすい日にしておくことで返し忘れを防ぐことができます。

サイクル制

サイクル制では、35日をサイクルとしてお金を返すことになります。約定日制と違い決まった日に返す必要がなく、35日以内であればいつでも何度でもお金を返えすことが可能です。

余剰のお金ができた時にそのお金を借入金を返すお金に充てることができるから、早く借入金を返したい人にはサイクル制が適しているといえます。

サイクル制の場合、毎月一定の期日に返すわけではなく、返済した日から35日後に次の分を返すことになります。そのため、うっかりしていて期日を過ぎてしまったり、予定していたより資金繰りが上手くいかずに困ってしまうことのないようしっかりと期日を把握しておきましょう。

約定日制とサイクル制の違い

約定日制よりサイクル制の方が次回の支払いまでの期間が長くなるため、若干返す金額が多くなるという点や期日がバラバラになってしまうことを考えると約定日制の方が一般的だといえます。

もちろん、一刻でも早く借入金を返していきたいという場合は、サイクル制がおすすめです。

返済金額シュミレーション

下の表は、実際に借りた金額と、サイクル性・約定日制の場合の返済シュミレーションです。

借入直後残高 返済金額
サイクル制 約定日制
1円 100,000円 5,000円 4,000円
100,001円 200,000円 9,000円 8,000円
200,001円 300,000円 13,000円 11,000円
300,001円 400,000円 13,000円 11,000円
400,001円 500,000円 15,000円 13,000円
500,001円 600,000円 18,000円 16,000円
600,001円 700,000円 21,000円 18,000円
700,001円 800,000円 24,000円 21,000円
800,001円 900,000円 27,000円 23,000円
900,001円 1,000,000円 30,000円 26,000円
1,000,001円 3,000,000円 1,000円ずつ加算
は10万円毎
3,000,001円 3,100,000円 51,000円 47,000円
3,100,001円 4,900,000円 1,000円ずつ加算
は10万円毎
4,900,001円 5,000,000円 70,000円 66,000円
5,000,001円 7,900,000円 1,000円ずつ加算
は10万円毎
7,900,001円 8,000,000円 100,000円 96,000円

返済金額の変動について

さらに新たに追加借入があった場合借入直後残高に応じて、返済金額が見直されます。

返済期間に応じたご返済金額・ご返済総額の目安

契約条件よりも多く支払った場合の、返済期間・各回返済金額の目安です。
早期返済等を検討される場合にご活用ください。

借入金額 返済期間 返済回数 各回返済金額 返済総額
10万円 ※2年 8ヶ月 32回 4,000円 126,194円
2年 24回 5,000円 119,712円
1年 11回 10,000円 109,106円
30万円 ※3年 36回 11,000円 388,481円
2年 24回 15,000円 359,163円
1年 12回 28,000円 329,383円
50万円 ※4年10ヶ月 58回 13,000円 750,581円
4年 47回 15,000円 697,928円
3年 34回 19,000円 640,412円
100万円 ※4年5ヶ月 53回 26,000円 1,371,095円
4年 48回 28,000円 1,332,330円
3年 36回 35,000円 1,244,360円
200万円 ※8年 96回 36,000円 3,433,686円
7年 83回 39,000円 3,214,521円
5年 60回 48,000円 2,841,359円
3年 36回 70,000円 2,488,746円
300万円 ※11年4ヶ月 136回 46,000円 6,247,186円
10年 117回 49,000円 5,713,070円
7年 84回 58,000円 4,852,985円
5年 60回 72,000円 4,262,045円
3年 36回 104,000円 3,742,264円
400万円 ※10年6ヶ月 126回 56,000円 7,046,676円
10年 118回 58,000円 6,816,820円
7年 84回 71,000円 5,910,664円
5年 60回 89,000円 5,336,250円
3年 36回 133,000円 4,780,332円
500万円 ※11年11ヶ月 143回 66,000円 9,393,765円
10年 120回 72,000円 8,574,682円
7年 83回 89,000円 7,376,767円
5年 60回 112,000円 6,654,045円
3年 36回 167,000円 5,970,106円

※各借入金額の最上段の内容は、支払い期日ごとに、約定通りの返済金額(各回金額)を支払った場合の返済回数及び返済期間となります。

アイフル返済は早すぎる入金に要注意

約定日制の場合

アイフルの約定日制での返済は、約定日の10日前からお金を返すことができます。そのため、早すぎる入金には注意が必要です。

例えば、毎月25日を約定日に決めていた場合、10日前の15日に入金をすれば25日に返す分として充当されますが、14日に入金してしまうと前月分の追加入金としてみなされるため今月分の25日に通常通り支払いをする必要があります。

この点が、約定日制の場合で注意しておかなければいけない点です。余剰金ができいたからといって、無計画に入金するとすぐ次の約定日にまた支払わなければならないという事態になるのです。

追加の支払いができたと思って安心していると、次の支払いに追われることにもなりかねません。約定日に関しては、しっかりと10日前以降から支払うことができる点を頭に入れて計画的に返済を行いましょう。

サイクル性の場合

ただし、サイクル制の場合にはこのような10日前からの縛りがないため、いつでも返済することが可能です。35日サイクルの決まった日に返すこともできるし、返した数日後に余剰のお金ができれば、その日に返すことも可能です。

35日サイクル制の場合は、返した日から35日後に次回のお金を返すことになるため、いつもと違う日に入金した時など次回の支払日が変わってくるので注意が必要です。

約定日制にしてもサイクル制にしても支払の期日を間違うことのないよう、しっかりと管理しておくことが大切です。期日に支払いができずに延滞損害金が発生することのないよう注意しておきましょう。

アイフルが返済日5日を進めてくる理由

大抵の企業の給料日は25日が多いので5日を返済日に決めておけば、当月分の支払いが10日前から行えるので給料入金後すぐにでも返済することができます。優先的に借入金の返済ができるから、返済金が生活費に回ってしまい今月分の返済ができなくなるという心配がありません。

また、給料が入れば返済に充当するという習慣がつけば、毎月の返済を忘れることもなくなります。アイフルとしても、利用者が無理なく借入金を返済できるサイクルを考え、確実に貸金の回収ができる期日という点でメリットがあるため5日を約定日とすることをすすめてくるといえます。

返済日5日のメリット

借り手にとっても、5日を返済日とした場合のメリットがあります。例えば、初回の借入日が20日~末日の場合、最初の返済期日は翌々月の5日になるため返済までの期間が35日~45日と長くなり、返済期間が長くなる分返済のめどもたてやすくなります。

返済日を5日にすることは、それぞれにメリットがあるといえますが、約定日の決定は、初回の借入日や給料日など自分の条件と返済期日をうまく考えながら決めることをおすすめします。

約定日の変更も可能

給料日などの条件が変わった場合は、約定日の変更をすることもできるので返済がおくれないためにも早めの対応をすることが大切です。キャッシングをした場合、出来るだけ速やかに返済することが金利負担も少なくすみます。約定日には遅れないよう、くれぐれも返済期日に気をつけておきましょう。

アイフル返済まとめ

急なお金が必要になった場合、アイフルなどのキャッシングはとても便利です。だからといって、無計画に借入をしていると返すことができなくなってしまいます。キャッシングの際には、収入や生活にかかる費用を考慮し、返済可能な額での借り入れをするよう心がけましょう。

月々の支払いを忘れないためにも給料日後の期日を約定日にするなど計画的返済方法で、出来るだけ早く借入金を返することが大切です。余剰のお金ができた場合は、一括で返すことを考えるのも金利負担を軽くする方法です。

アイフルなら返す方法を約定日制とサイクル制で選べるので、自分の生活サイクルに合わせた方法を選ぶことができます。必要な時に賢く借りて、出来るだけ早く返すことがキャッシングの上手な使い方です。

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1000円~800万円
審査時間 最短30分※一部提携のATMなどでは10000円~
月々の返済 4,000円〜
保証人の有無 不要
在籍確認 電話
  • 申し込みから審査融資までWEB完結可能
  • はじめての方なら最大30日間利息0円
  • 収入があればパート・アルバイトOK

アイフル 借り方について

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© カードローンキング , 2019 All Rights Reserved.