Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

アイフル自営業者でも借りれる?事業資金に使ってもOK?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

アイフル自営業者は借りにくい?

アイフルでは、

年齢が満20歳以上~70歳未満であり、定期的な収入があって返済能力を有すると認められる人であれば申し込みが可能

となっています。

職業や就業形態等の決まりは特に決められていませんので、自営業者の方でも申し込みは可能だと判断していいでしょう。

サイトには、事前に融資が可能かどうか判断できる簡易診断機能が付いています。そちらには、社長や代表者という項目があり、年齢と年収や他社借入額を記入する欄がありますが、社長や代表者という項目を選定しても、借入金額や年収面で基準を満たしていれば借入が可能と予想される表示になり、申し込みフォームのサイトに遷移するボタンも図示されますので、アイフルでは自営業者でも借入ができると判断する根拠にもなります。

ちなみに、同様の条件で職業の欄のリストから、専業主婦や無職を選択したり、年齢欄のリストから19歳以下や70歳以上の年齢を選んだ場合には、はっきりと会社の規定により借入ができないという表示が出ます。アイフルでは、職業や勤務形態よりも収入の有無や年齢の基準を重視することが伺えます。

インターネットのカードローンの比較サイトでも、自営業者でも問題なく審査に通って借入ができたというレビューが記載されています。一人で仕事をしているフリーランスでも借りられたという記述もありますので、信用情報に滞納や延滞の事故情報が記載されていなかったり、今までのクレジットカードや借入の利用の仕方に問題がなかったりすれば、職業で審査に通る可能性はあると思われます。

アイフル自営業者がキャッシングするのに必要なもの

自営業者がアイフルのキャッシングを利用するには、運転免許証のような本人確認ができる書類以外に、年収を確認する書類の追加が必要になるかもしれません。

通常は、50万円を超える借入を希望する人や他社借入と合算して100万円を超える借入額になりそうな人が、追加提出することになりますが、アイフルの場合は、審査で就業状態を確認が必要な時に審査の過程で必要となると明記しています。

通常の会社勤めの方の場合は、個人で仕事をするよりも安定しているため、本人確認ができる書類のみで借入できる場合があります。

しかし、自営業者の場合は、審査に通りやすいように、無職の方が仕事があると見せかけて自営業と偽ることがありますし、事業を確実に運営しているか把握しにくいことがあります。

収入が分かる公的な書類があれば、明確に判明するため、申し込みをする前に用意することを勧めます。なお、年収の確認に使える書類としては、直近の確定申告の控えや所得証明書、住民税の通知書となります。

アイフルのキャッシング申し込みをした自営業者のうち、他社で申し込みをしても審査に通らなかった方や、独立して1年に満たない方でも通ったという書き込みやブログ記事も見られます。信用状態に問題がなく、他社の借入がない状態であれば、事業の規模や経営年数については柔軟に対処してもらえる可能性があります。

また、希望借入額を必要最低限の金額にして、少なめにすれば審査に通りやすくなるかもしれません。

アイフルの自営業ローンを活用しよう!

アイフルには一般向けのカードローン以外に、事業用の資金にも使える自営業ローンも用意されています。

一般向けのカードローンでは、総量規制が適用されるので、年収の3分の1を超える借入はできません。

しかし、事業用のカードローンであれば、総量規制対象外となりますので、それ以上の融資額を希望する場合にも借入できることがあります。

自営業ローンは、インターネットや電話から申し込み手続きができます。他社の金融機関では、審査を行うのに日数がかかりますが、アイフルでは、規定の営業時間内であれば即日融資も可能な場合があります。仕入や設備の拡充で急いで借入したい個人事業主にも向いているでしょう。

無担保で保証人なしのローンであれば、最大で800万円までの借入が可能となっています。

申し込みの流れとしては、インターネットのサイトや電話で申し込みをした後に、担当者から電話がかかってきます。

その際詳しく事業内容や用途等について質問されますので、丁寧に答えるようにしましょう。その後、審査担当者の案内に従って、ファクスで必要書類を送信します。

結果が連絡された後、郵送か店舗に直接出向くかして契約手続きをします。最寄りに店舗がない場合は、郵送のみとなります。日数に余裕をもって手続きするようにしましょう。

必要な書類は、本人確認ができる書類と収入を確認するための確定申告書以外に、アイフルの規定の事業内容確認書を記載して提出しなくてはいけません。書式と記入例については、自営業ローンのサイトからダウンロードができますので、事前に記載しておくとスムーズです。

アイフル自営業者まとめ

アイフルは他社に比べて、自営業者に配慮している印象があります。事業規模や年数で自信がない場合にも、申し込みをしてみるといいでしょう。

生活費やレジャー費等、個人的な利用に限るのであれば、一般向けのカードローンにしてもいいですし、ある程度設立してから年数が経ち、業務の拡張で資金が必要になると思えば、自営業者ローンを選択するのがおすすめです。

アイフルの場合は、金額が大きくなる場合は、保証人を付け、不動産を担保にすれば、まとまった額の事業用の借入もできるので、将来必要になった時に検討することもできます。

女性の経営者で、他社でも借入したことのない方であり、10万円程度の少額の融資で十分な場合は、女性専用のカードローンが用意されていて、そちらの申し込みも可能になります。

利用額や条件に応じて、ローンを選択してみるといいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© カードローンキング , 2018 All Rights Reserved.